プロフィール

ayakoworld

Author:ayakoworld
所在地:東京だったり
好きなこと:旅・旅・旅
旅の途中
インドのカルカッタで逢った
イタリアンパッカーPAOLOとの
日常を綴った日記です☆
2009年の南米旅行を目指して
今は二人とも日本で修行中。

2007年7月籍が入ったのを機に
ブログを書き始めました☆

☆リンク・コメント大歓迎です☆



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ
ランキングに参加しています♪
よかったらポチっとしてください♪

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

旅・ごはん・イタリア
旅好きイタリア人との生活を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポルトガル エデンの園“シントラ”
リスボンを観光した翌日は
電車でカスカイス・ロカ岬・シントラを観光

今回もリスボン→→カスカイス→→ロカ岬→→シントラ→→リスボンの
周遊チケットを購入
これで、シントラでのバスの乗り降りも自由にできます☆

カスカイスからは無料のレンタル自転車(パスポートを見せれば誰でも借りられます)
で地獄の口(Boca do Inferno)と呼ばれる岩礁へ
DSCF1523.jpg


カイカシスはリゾートなのでそれ以外はとくに何もなく
ヨーロッパの最西端ロカ岬に向かいました。
ロカ岬も“ここに地終わり海始まる”と書かれた石碑が建っているほかは
何もないところだけど
天気のおかげもあって景色は最高でした。


portugal.jpg


そこからはいよいよシントラへ

腹ごしらえをした後
バスに乗ってムーアの城跡(Castelo dos Mouros)に向かいました。
8・9世紀頃ムーア人によって築かれたお城で、今は城壁が残っていますが
(お城の跡地はこんな風に残っています)
portugal3.jpg

そこから見るシントラの町並は最高
portugal2.jpg

DSCF1562.jpg


その後はムーアの城跡から歩いても行ける
(私たちは知らずに、混んでるバスを1本見過ごしました
ペーナ宮殿(Palácio da Pena)へ。

この宮殿はドイツのノイシュヴァンシュタイン城の建築を命じたルートヴィヒ2世のいとこ、
フェルディナンド2世の命によって建てられた宮殿です。
イスラム・ゴシック・ルネッサンス・マヌエルの各様式を折衷させたらしく
とても独特で風変わりな建物でした。
DSCF1574.jpg

おかしのお城みたいにとってもカラフルです。

ポルトガル紀行は今回でおしまい☆
次回はイタリアでの最後の一週間(怒涛の毎日でした…)の
写真をUPします


ランキングに参加しています。
クリックが励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
ポルトガル紀行 その2 “リスボン観光”
ポルトガルの空はほんとに青い!!!
その印象がとっても強いです。

写真にうまく反映してくれていればいいんだけど…
空の青さ伝わるでしょうか??
リスボンにて
これは16世紀初めに建てられたベレンの塔。

リスボンの名物路面電車
リスボンの路面電車

リスボンで観光するときは
乗り物1日乗り放題券を買うに限ります
7つの丘に囲まれたリスボンは小さな都だけど
徒歩で周るのはちとしんどい・・・
乗り放題券は1日3.8ユーロ(600円くらい)で路面電車、バス、電車、全部乗れます。
バスと路面電車が1回1.3ユーロ、電車がゾーン1なら0.75ユーロなので
とってもお得です

それにPaoloも私も安ーーーーく済ます旅に慣れているので
乗り放題のチケットのお得感に浸れるなんて最高
リスボン名物のエッグタルトの人気店は(ベレンの近くにあります☆)
中心からは遠いけど毎日食べに行ってました

リスボンにはこれだ!!!
っていう名所はないけれど
発見のモニュメント
lisbon3.jpg


サンジョルジェ城

とかがあります。

でも私たちが楽しんだのは
まだまだ残っているリスボンの下町な感じ。

腰掛けてるおばあちゃんは可愛いし
lisbon5.jpg

お城のすぐ側まで家があって
そこには洗濯物が干してありました。
lisbon7.jpg


それからお城に行くまでの道からは
こんな素敵な景色も見れます。
lisbon6.jpg
イタリアのフィレンツェもそうだけど
屋根の色が統一されてるとこんなに素敵に見える。

リスボンでのレストラン探しは簡単。
ちょっと大通りから離れた
地元の人(特に作業着を着てる人)が
たくさんいるお店にはいればいいだけです

メニューはどこでも魚とお肉にわかれているので
それぞれ4,5品ある中から選べば
ボリュームのたっぷりな美味しい料理がはこばれてきます

二人で15ユーロ(2400円くらい)で
お昼からワインも飲んでお腹いっぱいです。

ご飯のためだけでも
今すぐ行きたい!!って思える国。
今度はエデンの園と言われた
シントラという場所の写真を載っけます

ランキングに参加しています。
クリックが励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ




リスボンにて・・・
ナポリから帰ってミラノで少しゆっくりした9月の終わり頃
ポルトガルへ向かいました。
ミラノはPaoloの家族もいて友達もいてとても落ち着く場所だけど
今回の旅で二人っきりで過ごせるのはこのポルトガルだけ。
ちょっとした新婚旅行気分です

夕方の5時過ぎにミラノを発ってポルトガルに7時前着。
小さな空港からの景色がきれいで思わず1枚・・・
20071014230548.jpg

1時間時差があるのでお腹が空いていた私たちは
ゲストハウスに荷物を置いた後すぐレストランへ・・・

ポルトガル語もイタリア語と同じラテン語なので
Paoloはメニューを見ればどんな料理かなんとなくわかるらしく
とりあえずお肉料理と魚料理を一皿ずつ注文。
テーブルに置いてあるチーズとオリーブが美味しくて
ワインも1本3ユーロととってもお安い

テレビに映るポルトガルのサッカーと
隣のテーブルに並ぶ料理をちらちら見ながら待ってると
私たちのテーブルにも料理が・・・

バーベキューみたいにお肉やソーセージや野菜が刺さった
30センチくらいある串が2本
カメラを置いていってしまって写真が撮れてないのがすごく残念
この串焼き(?)はボリュームがあって美味しすぎて
ポルトガルでの最後の食事もここでした

翌日はリスボン市内を観光
その様子はまた明日


ランキングに参加しています。
クリックが励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。